SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
anchor
スイマー
管理人への連絡はこちらからどうぞ☆
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日本海

どんとこい荒波日記
<< japan jam 2010 コウ編 | main | 6/12(土)よっひー徒然道草ライブ感想記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
japan jam 2010 簡潔に完結編
わたわたしてる間に1月も経ってしまった。
時間と共に記憶は風化していく、簡潔に簡易レポを終わらせるのだ!!

…… しかし結局無駄に長くなった簡潔でない完結編は以下に…  まったくあたいは……

足野棒子、チャージした豚まんもガス欠に近くなり、それでもステージA(モビリタ)へ急ぐ急ぐ、なんたってAで始まるのはエレファントカシマシ、ツレイチオシの本日の目玉であり、彼女たちはモビリタでステージの始まりをわくわくと待っているはず。ライブ前はここでツレと合流、と漠然と予定していたが、棒子にそんな脚力は残っておらず、会場入り口からステージまでが遠い遠い、既にライブは始まっており、入り口に立った時点で聞こえてきた音楽にひゃあっ とステージまで気持ちは走る走る 気持ちはね。全力疾走。

棒子、ついにエレカシさんと初対面。おーー。白シャツなみやもとさん唄ってるわーー。
こういうのはホントに失礼とは思うが、しかし生歌を初めて聞くとどうしても、こんなに歌上手かったんだっ!って感激しちゃうんだよなあ。生で聞くと声の伸びや艶や、なんだろな、油絵のコピーと原画の違いみたいな、見た目(聞く耳か)は同じなんだけど凹凸や筆払いで感じる立体感が って、理屈はいいや。エレカシさん上手い。で、色っぽい。

jamるはヴァイオリンの金原千恵子さんとチェロの笠原あやのさん。紹介して呼び込むところからみやもっさんなんかあやしい。「素晴らしい」とか「美しい」とかスゴイ持ち上げ方で、みやもとさんってそういう方だったんだ!と。二つの楽器が加わった音楽は確かに素晴らしかったが、ライブ後しみじみみやもっさん女好きなんだーと聞いたら以前からファンなツレAは女性の扱いに慣れてないからキンチョーしてたんだよ、と。上の金原さん笠野さんはツアーで一緒に回ってるメンバーだそうで、なんだよ、特にjamなわけでもないじゃん。でもエレカシメンバーではないから改めての紹介はやっぱり必要か。んーーー。めんどいなあ。

そして歌のjamはChare。こちらの呼び込みはみやもとさん更にハイテンション。「可愛いね」やら「素晴らしい歌声」やら、ChareはどこまでもマイペースChareペースなのでみやもとさんのうかれぶり?が可笑しくて可愛い。Chare+バイオリン+チェロのjamトリオとエレカシのセッションは、ほおーーーっとなるくらい良かった。
みやもとさん何回も「総合司会の宮本です」と。これも新鮮だったんだー。みやもとさんが総合司会タイプ(ってか、総合司会と自分で言うタイプ)とは思ってなかったので、もっとスーパー天然ボケキャラのように認識していたので、意外に普通で(これも失礼か?)普通にトークも面白かった。

…が、足野棒子なコウはなるべく歩かなくていいように広い観客席の後ろの方で見てたからわからなかったが、これをメインステージにすえてたツレ二人は相当に前の席にいて、なんですかみやもっさんは最後の最後に本領発揮?というのか?、エキサイトして着てる白シャツをガオーーッとひきちぎってしまったそうな。ボタンブチブチブチナガブチブチッ  とね。
ありゃまー。やっぱみやもっさん、いい感じにいい感じな人なんだねえ(どないな褒め方や)。


興奮の内に終わったエレカシステージに背を向け、棒子は、この日の中で一番見たかった次のステージへと向かう。
ステージBではZAZEN BOYSがもう始めてる音が〜。い、急がねばっ。棒子は棒子なりに頑張る。どしても聞きたい、気持ちは走ってる棒子、正味7分くらいの移動に20分はかかっていたかと……。

事前の噂で聞いて想像してたものより、ずっと聞きやすい音楽だった。遅れて着いたので、着いてすぐにjam相手の山下洋輔さんと坂田明さんがステージに登場。
jazz界の重鎮とセッション?と頭に浮かんだ「?」マークは、セッション始まってすぐにお空に吹っ飛んだ。

やはり近くには寄れない遠方の観客な棒子、ステージ右手でトランペットを吹く坂田さんの姿はよく見えないが、左手のピアノを引く山下さんの様子はとてもよく見える。この、山下さんの演奏がね。
スゴイッ。
jazzは即興性に真髄があるが、いや、もう、なんじゃこのピアノは??
いやピアノだけじゃない、ペットも、ZAZENさんの歌も演奏も、即興の掛け合わせの真剣勝負、イタイくらい真剣なエンターテイメントがステージ上で延々と続く。お互いの呼吸を計り、出方を見て、合わせて、引っ張って、駆け引きから生まれる音楽の面白さよ。
っても、体力が急速に0地点に近づいてる棒子の記憶はこの辺からかなり曖昧に……。
後半はしゃがんで聞いてた(から余計にピアノの山下さんしか見えなかった)。棒子ながらも最後まで感嘆してた(と思う)。


さあ、ZAZENの次はステージAで奥田のたみちゃんとスカパラのjamだ。これも聞き逃すことはできないのだ。さあ、歩くのだ棒子っ。
気分は走ってるんだが……ステージがトオイ…。

たみちゃんのーー。歌声が聞こえるーーー。
そこからたみちゃんの姿が見えるまでのタイムラグがなかなかね。棒子ったらもう。
たみちゃんのナマ歌を初めて聞いた。ぶっ飛んだ。なに、この声量とツヤは?
とにかく、この日何より実感したのは、CDじゃ伝わらないことがある、ってことで、ライブの臨場感とか息遣いとか空気とかガンガンに響く音とかの前に、その歌い手の歌声の持つ色気とか艶とか伸びとか声量とかがね。生で聞いて初めてわかるその歌声、ってものに圧倒された1日だった。
ああそうか、こんな歌声だから皆惹きつけられるのだな、と何度も実感した。

たみちゃんがスカパラちゃんを呼び、たみちゃんはステージから一旦はけてしまった。ステージには
黒スーツをびしっとキメたヤローどもが、えーと、ひいふうみいよう……

たくさん  ←←

記憶は混濁していく。コンタックでもキムタクでもなく ← あああ

すっごいカッコイイパフォーマンス演奏だあっ  と見惚れた記憶はある。観客も気付いたら開始時よりだいぶ増えてるし。何曲かスカパラだけで演奏し、またたみちゃん合流。あれ?スーツに着替えてるじゃん。
「なんで俺のだけ」とたみちゃん。
スカパラのスーツと、スーツだけどデザインが違ってるたみちゃん。
「これ前のヤツじゃん」
スカパラはスーツを新調し、同じステージに立つにも関わらずたみちゃんは以前のままのスーツを用意されていた、ということで。
「色も違う」とたみちゃん。ほんとだ、上下の色が微妙に違う。えーと、パンツは新調のものなのに上着の方が過去モノだった、らしい。こりゃまたなかなか。
ブーたれつつもなたみちゃんと一緒に、たみお&スカパラオン・ステージ。うーわ、かっこいい!!
も、観客も波打ってるし、この一体感、スゴイなあ〜  と、後ろから全体を見ている棒子。だって近くまで歩み寄ることはできませんから。

ステージ途中で、何か話しながら観客のいくつかのグループが会場から去っていくのを目撃。あれ?次はステージBでいよいよファイナルだが、もしかしてそっちがもう始まってるの??
もちろん棒子にその確認はできない。たみお&スカパラを楽しみ、終わりまできっちり見てから、動きたくないと泣く足を叱咤してファイナルステージへ最後の移動。この移動には25分くらいかかったかも…棒子なりに必死だが…。


当然始まってるファイナル、溢れるほどの観客、せっかくの吉井和哉さんを近くで見たい気持ちは山ほどあれど、前に行ったら帰りその分多く歩かないといけなくなるわけで、棒子の体力はマイナスの領域に入っているからそんなオソロシイ行動は取れない。あそこに吉井さんいるねー、とわかるくらいの遠さでファイナルのステージをじっと聞く。

この日のライブ中ずっと、1パーソンに熱狂的なファン、というものを感じなかったが、ファイナルでは前方で吉井さんの名を叫ぶ数名の女性の声を聞いた。
初めて生で聞く吉井サウンドは、多分遠くで聞いてたからだと思うが、とても厚みがあるように感じられた。奥行きがあるというか、音が深いとういか。

実を申せば、ファイナルはたみお&スカパラでもいいんじゃないかと、ちょこっと心の片隅で思ってたんだな。絶対盛り上がるじゃん?ファイナルに向いてるんじゃね?って。
そんなちょこっとな「?」は、ナマ吉井を聞いて瞬時に消えた。この方の奏でる音、音楽、歌と合わせて作られる空気、その重厚さに、棒子ながらもノックダウン。
また面白いことに、こんな圧倒的な迫力のサウンドを提示しながら、主役の吉井さんが自信満々でもないっていう。
「フェスのファイナルを任せられたのが初めてで、俺なんかでいいのかと思いながら」などとトークする。
「暗い曲が続くけど、暗い中にも明るさがある歌だと思うので、…もう少し我慢してください」とか。
体格がとてもいい方なので、なんとなくもっと「オレオレ」な方をイメージしていたが、意外にも謙虚な姿勢にちょっと驚き。

この日のjamフェスでjamったゲストを何人か呼んで、改めて吉井さんとセッションするんだけど、招き方が良かったなあ。
jam相手のステージへの招き方は、ミュージシャンの数だけ違いがあったが、吉井さんのゲストの説明句には簡潔だが相手と音楽への深い敬意が感じられた。この方の語る言葉は、この方が書く詞と同じ、まったく饒舌ではないが、芯の通った、地に足が着いてる、感じで、聞いてて非常に心地よく胸に浸透する。
吉井さんとゲストのセッションももちろん良かったが、たが、記憶はコンタックに混濁、後方から見ていてファイナルの会場の一体化が凄いっ   と思った。もうちょい体力目盛に残があったら棒子もその一体化に加われたんだが…………。

棒子の記憶は飛び、返す返すもファイナル時点でもっと体力が残ってたら〜残ってたら〜  ううーー。


帰りの車中でこの日の無謀なステージ参列を激しく反省。「次回はもっと計画的に動こう」と決意した。全部聞きたいなんて欲張るからこんな事になってしまうのだ、阿呆めーーーーっ。

…だったんだけど、ね。終わりたては間違いなくそう思ったんだが、時間が経った現在は、無謀に消耗し記憶もキムタクだが、全部の方の音をナマで聞けたことは、やっぱりとても良かったなと。
詳しい曲もトークも記憶から飛んでるが、ナマ歌、ナマ音を身体が覚えてる、ように思える。聞けたことは、聞かなかった場合とは違う、と、ひと月経って確信できるので。



8月、このjam japanと同じロッキン主催の夏フェスに参戦予定で、この日の猛反省を踏まえてタイムスケジュールを見て体力に応じた参戦をしようと思ってたけど、いや、だめだ、そこにナマ歌声があるのに見送るのはできないっ。
全部を聞くことはもちろん不可能だが、目一杯聞いたことのない方達のステージを聞いてみよう。ナマの歌と音を、身体で感じてこよう。
結果最後は空気の抜けた風船みたいにぷしゅーっとへたってもいいじゃないか。フェスなんだから全体力を絞り切ってしまえーーーーーっ。

反省は何の足しにもならず、足野棒子は8月に再登場の予定です。


無駄に長い上無駄に時間も飛んだレポでした。読んでくれた方に深く陳謝。

最後に、jam japanは来年もきっと開催するし改善すべき点も多いけど、フェスの雰囲気はとても良い!回を重ねるにつれjamの組み合わせももっとハイレベルになっていくに違いなく、成長するフェスとして参戦を強くオススメします。
来年、5月、富士山が阿呆みたいに大きく見える富士スピードウェイに、機会があれば是非あなたも。
| - | 06:33 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:33 | - | - |
コメント
去年 ゾンビになってた自分の姿が棒子さんに重なって見えたわ…。
それでも懲りずに再登場ゆくか(笑)。生きて帰れよ〜!!
| モモコ | 2010/06/17 11:24 PM |

コウさんの完結編待ってましたよ〜。
直にいっぱい話しちゃいましたけどね(笑)
めちゃめちゃタフに聴きまくってると思ってましたが思いのほか大変だったんですね〜。
わたしは2往復かな…お目当ての方々に専念して楽しみましたけど
せっかくのフェスだし、いろんな音を聴いたコウさんもうらやましい〜♪
8月の感想も楽しみにしてます!!


| ひさ | 2010/06/18 1:00 AM |

>モモコちゃんへ

ゾンビもキョンシーもミイラも剥製もどんと来い!!ってことで。
聞けるチャンスがあるなら貪欲に全部聞きたいもん、後は知らん!!!
きっとレポも後半は朦朧曖昧になるだろうが、それも知らん!! ←こらこら
足野棒子の最期を暖かく見守ってやってくれ〜〜。
| コウ | 2010/06/21 9:07 PM |

>ひさちゃんへ

長いことかかりましてーー。
記憶が曖昧模糊だとレポも躊躇がちになると身を持ってしりました…。
前半は元気ハツラツ子だったんだけどねえ、限界超えると衰えがめちゃめちゃ早かった。
ナマで聞いた音楽はやっぱり良かったよ!!
なので、棒子8月も限界超えてきます。
レポ後半はまたも曖昧朦朧でしょう。大らかに読んでやってください♪
| コウ | 2010/06/21 9:11 PM |

お久しぶり〜な、今更〜なコメントですみません。笑

そうなんです、宮本さんは総合司会なのです。
今回は余所行きでしたがワンマンだともっといい感じにいい感じの人なのです。
彼の珍奇な紳士っぷりに惹きつけられてしまうんです。
お二人にエレカシの音聞いてもらえて、こんな風に感想書いてもらってなんだかとても嬉しかったです。

ついにRock’in Onですね〜。
足野棒子さん、熱中症にだけは気をつけて燃え尽きてきてください。
私はひささんとOTODAMAでjamで見れなかった向井さんを観てきます♪

またなにか面白そうなイベント一緒に行けるのを楽しみにしています!!
遅くて長いコメント失礼しました〜
| kaco | 2010/08/01 12:06 AM |

>kacoちゃんへ

おーー。暑いね〜〜kacoちゃん!!
宮本さんはね、今回一番イメージが変わった人だよ。
そうか、こういう人だったんだ、もそうだけど、歌声の色気がハンパなくて。
今車の中はエレカシメインで聞いてるけど、CDじゃダメだね。
あの歌声はナマで聞かないと!と強く強く思ってる日々です。
なんと自分ちだともっと総合司会なんだ。
本当に、予想外にバランスの取れた方よね あ、褒めてます(笑)
あの日、8月のフェスは暑いよなあと漠然と思ってたけど、今現在が阿呆みたいに暑いので、これはどうしましょうと、色々、その、私は大丈夫なんでしょうか?←←
熱中症には気をつけます!後は知らん!!

OTODAMAもいいライブじゃない?感想聞かせてね〜。
この8月で体力と金が尽きるので、しばらく休んでから、次の何かを決めていこうかなと。
またご一緒に、どこぞのなにかに参戦しよーね。
しかし暑い…どうしたもんだ。ガンバロウ8月の私♪
| コウ | 2010/08/01 4:10 PM |

コメントする