SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
anchor
スイマー
管理人への連絡はこちらからどうぞ☆
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日本海

どんとこい荒波日記
<< 全4幕 | main | 5/4 第45回目のヨヒ部屋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
4・18の観劇
久し振りによく晴れた&春らしく暖かかった昨日、これまた久し振りに電車でお出かけした。

GO TO SASADUKA。I’m SASADUKA  ←  違う
 
 100418_1314~01.jpg




お江戸の笹塚駅ね。

初めて降りた街、しぞーかの田舎者が頭で描くお江戸よりもちょっとだけゆったりした空気が流れてるところでした。

こちらで、民家を舞台に行われた小さな芝居を観劇。
本当に小さな舞台、ごく普通の二間をぶち抜いて一間がステージ、一間が観客席、という設定。
かなり詰め込まれた観客席の椅子に腰かけ周囲のざわめきを聞くともなしに聞きつつ、正面、すぐそこにある「民家の一室」という設定の舞台を眺め。

どんちょが切って落とされるわけでも照明が切り替わるわけでもなく、もちろん始まりの笛が鳴らされることもなく、定刻を数分過ぎてから唐突に芝居が始まった。
始まった途端に切り落としたように止まるざわめき、静まり返った二間、目の前に開く違う世界の物語、すぐそこにあってこちらと地続きの畳の上で、観てる自分たちと切り離された世界がするすると展開していく。

ざわめきが止まり、観客が小さな畳の部屋に意識を集中させていく気の流れが感じられて、このぴきぴきって音が聞こえてきそうな気の張りつめられ方、意識が向く空気の動きがねえ、凄く好きで。

始まってすぐ、そちらの世界に吸いこまれた。
事前に一切の情報をシャットダウンして当日に挑んだが、期待以上に面白かった。

役者さん巧いなあ。プロだから当り前っていやー当り前だけど、巧い人しか残らない世界だけど、巧いに+αな魅力も無いと観てる側を惹き付け続けるのは難しい。
+αな空気を持ってる人だなあと。




もしかしたら再演もあるそうなんで、内容は語らないです。

70分の二人芝居、濃密な空間と時間を共有した幸福な4月18日でした。


100419_2136~01.jpg
| 舞台 | 22:23 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:23 | - | - |
コメント
こんばんは♪

急に寒くなったりの変なお天気ですが、お元気ですか?(^^)

東京に住んでいるわたしの知り合いも観に行ったそうです。

わたしもこういったものを観に行ける所に住んでいればなぁ…と、思いつつも、やっぱりこの田舎に馴染んでるわたしが居るんですよね( ´`)

楽しい時間はあっという間で、ついに短大生活も最後の年になりました…!

将来はやっぱり、このままここで暮らしたいなぁなんて思いながら過ごしています。なんとなくケジメが欲しいと思って、ブログ、おやすみすることにしました。また落ち着いたら始めたいです、いつもありがとうございました!

コメント欄に近況報告、勝手にすみません。m(__)m
| はるか | 2010/04/22 10:57 PM |

>はるかさんへ

おはようはるかさん。
コメントありがとね〜。
寒暖の差も雨が多い天候も、まったく今年の春は変です。お互い体調を崩さないようにしないとね。

ウチから江戸までは割合気軽に行ける範囲で、こうやって観たいものを観れる事をありがたく思ってます。
はるかさん、そこにいても観たいものはきっと観れるよ。
はるかさんが観るべきものは必ずはるかさんの前に出てくるから  世の中は必然で成り立っているのです。


学生生活最期の年に入ったのね。
ブログも一時お休みにするのか…。
また、落ち着いて始める日を待ってます。

ブログというモノについて考える日々です。
答えはまだ出なくて、ここもこんな半端な形で続けているけれど。
いずれ何がしかの答えは出てくるだろうと思いながら、もったり続けてくつもりなので、再開したらまたよろしくね、はるかさん。

くれぐれも身体には気を付けて。
実りある学生生活を送られますように。
いつかどこかで縁あってはるかさんに会えますように。
| コウ | 2010/04/23 7:48 AM |

コメントする