SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
anchor
スイマー
管理人への連絡はこちらからどうぞ☆
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日本海

どんとこい荒波日記
<< 偶然の必然 | main | 門球 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
四季とアンチ

同僚にCATSを観て来たと報告したら、

「四季って好きな人と嫌いな人がはっきり分かれてるよね」

と。ほえ??

 

彼女の知り合いに観劇好きな人が数名いるが、四季を毛嫌いしてて小劇場系はよく観る人と、四季大好き!という人がいるのだそうだ。

へえ〜。



四季初体験なコウは、観劇好きな人で四季を受け付けない人がいるとは想像もしてなかった。
日本を代表する大規模商業劇団。複数の劇場で常に複数の舞台をロングランしてる、それだけ大勢の優れた役者を抱え、必ず一定のレベル以上の舞台を観せてくれるという保証書でもある「劇団四季」。

小劇場系にはそちらの良さがあるし、そうした大規模系にもそれならではの良さがある。両者の持つ美徳・長所はお互いを食い合わない、まったく別の箇所にあるものだから、どちらも同じように関心のあるコウだが、そうか、そういうアンチもいるのね。

大規模になり一定のレベルを維持しロングランを続ける、ためには、ある程度の画一化、大衆化、わかりやすさ、が必要になるだろう。冒険はできにくくなる。それはしょうがない。
この欠点がひっくり返って小規模系の長所となる。
大規模系のやり方はその代わりに小規模系にはない、個々の役者の身分と収入の安定、というものを生む。

一人の看板だけで客を呼べるだけの技量とオーラを持った人はいつの時代もごく一握り。一般の目線からしたら卓越した技量を持っていても、大多数の役者にとって舞台演劇だけで安定して食べていくのは今もかなり難しいことで。
演劇が好きで、自分には舞台しかない、と思い研鑽してる多くの役者にとって、劇団四季のやり方はとても魅力的で助かるものだと思う。

少々生活に困難が伴おうと、冒険や新しい試みや自分の感性を多分に含んだものを舞台にぶつけたい、と思う人には当然向かないが、そういう方々は小規模系であくなきチャレンジを繰り返しているだろう。

どっちが突出しても舞台演劇という世界は煮詰まってしまうので。
両輪が花盛りな現代は、やる側にも観る側にもマコトに恵まれた時代だなあと思うのだ。

まあ考え方は人それぞれだが、どうせあるなら両輪の様々を味わってみたいとコウは思う。
四季も観たいし小規模系もとてもそそられる。毛嫌いするのは、元々観劇が好きなら凄くもったいないよー、って、思ってしまう。





ってことを考えたからではく、内容にとてもそそられたから、実は来月も、もっと小さな舞台を観に江戸に行く予定。

四季のあの、おわあーーーーっとした群舞ミュージカルとは全く違う世界を体験しに。

観終わった感想は、どんなでしょーね。自分で自分の感想が楽しみだな♪
| 舞台 | 21:07 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |
コメント
ぶっちゃけ昔から見てると随分変わったなあと思う。その変わり様を受け入れられなず離れる人もいるワケで。
(どっかで聞くような話と似てる?笑)
現在は代表取締役会長であるアサリ氏のワンマンでここまできてるわけだけれど、「やり方に付いて来れない人は才能がないんだから(役者を)辞めなさい」とキッパリ言う人だからね。インタビュー読んでて何度 ひょえ〜〜〜(怖)と思ったか(苦笑)。
役者の出入りも激しいよ。大型のミュージカルを上演するようになってからは特に。もう若い役者の顔が覚えられない(苦笑)。それを「実力のある役者を使っている」と見るか「役者の使い捨て」と見るか。
私?わからんまんまファン続けてる。だって観客にとっては観にいったその日の舞台の上が結果でしょ?それに四季って小まめに地方来るし(笑)。
まあ、人気も実力もあると思うベテランがいつの間にか退団してたりするとやっぱ寂しい。アサリ氏 退団した役者に冷たいし(爆)(笑)。
でもそうして元四季の役者が他の芝居やミュージカルで活躍することで舞台全体の観客数は昔より増えてるんじゃあないかなあ。
| モモコ | 2010/02/17 9:34 AM |

>モモコちゃんへ

うーんとね、私もそんな感じの理由かと思って問うたら、その人の場合は「つまらない」だった。
大規模になり8割に支持される良くも悪くも無難路線、がつまらない、ということかな?と私は解釈したんだが。
大きくなれば中身はそうならざるを得ないでしょう。
でも、短期で辞めたとしても、どの役者にとっても四季で得たものは大きいと思うよ。
舞台から離れられない彼彼女らは四季辞めたってその世界のどこかに居続けるわけで、学んだことを生かして各々の場所で輝いているだろうと思う。
そうした分散化が全体の活気を生んでいるのが現在の演劇界だろうし。
やだったら出てけ、は、正論だしね。
ただ、四季にしろジャニにしろ、経営に天才的な才能を持つ1人のトップに寄りかかって隆盛してたらいけない。
内部のシステムをしっかり構築して、誰がトップに就いても商売に上下の波が起きないようにしないとね。
不毛地帯の壱岐さんのやり方なんて参考にするといいわよ  ← おい
私は時代に生き残る文化は百花繚乱であることが必須と思うので、四季も含め今の演劇界の在り様は良いことだと思ってる。
四季もそれ以外のトコも、観たい舞台たくさんあるんだ〜♪
| コウ | 2010/02/17 8:39 PM |

ありゃ?そういう理由か(笑)。
まあ人それぞれの好みは仕方がない。私の周辺は四季も観りゃあ 一人芝居や 地元小劇団まで観るような連中ばっかりなので。
アサリ氏は演出も営業もやれる人だったからワンマンできたんだろうね。それぞれの跡継ぎが育つかで今後が決まっていくんだろう。
観たい芝居、観たいライブ。あとは金だ〜〜〜(爆)。
| モモコ | 2010/02/18 12:10 PM |

>モモコちゃんへ

コメ返遅くなりまして〜〜。

うん、そゆ理由。好みだからしゃーないよね。
あー私もそうやって雑多に色々観る方が好みだな。
それぞれにそれぞれの良さがある。
次に観るお芝居が早くもサワドキでして。
朝李さんは経営の天才肌だから、他の人はおしなべて力不足に思えて仕方ないでしょうね。
それが故自分だけで全てを握ったまま一生を終えたりしないように願ってます。
魅力的コンテンツは世界に溢れてる。
そうよモモコサマ!!問題は金なんだってばよっ!!!!
買わない宝くじがそろそろ当たってもいい頃なんだが…。
| コウ | 2010/02/21 12:10 AM |

初めまして。
私は伯父がかつて四季のスタッフでした。
私自身も四季を本気で目指していた立場ですので言わさせて頂きます。
今の四季を見ていると、滑舌にばかり気を取られ演技が着いてきていない俳優が多いように思います。
浅利先生はかつて
「1音落とすものは去れ」という金言を立てられていましたが今の四季は?
音も外しすぎです。
基本も分からないのか?と言いたくなります。
そんな歌唱力で声楽科出身を名乗らないで欲しいと思う俳優も昔と比べれば皿に居ます。
貴方様のご友人が四季を嫌う理由とは違いますが真剣にプロを目指していた側からしたら「その出来でお金を取るのか?」と言いたくなるれべるです。
| うーさん | 2019/03/08 11:55 PM |

コメントする